SSブログ

鷹の公爵とシンデレラ [キャロル・モーティマー]

SHALOCKMEMO668
鷹の公爵とシンデレラ The Duke's Cinderella Bride 2009」
キャロル・モーティマー 古沢 絵里





 4月最初の読了本になりました。月半ばまで1冊も読了本が出なかったのは,やはり年度初めの忙しさのせいでしょうか。並行して読んでいる「香しい薔薇のベッド」の方も後半に入っていますが,なかなか読了には至っていません。
 さて,本書はキャロル・モーティマーのヒストリカルで,スタワーブリッジ公爵ホーク・セントクレア始めセントクレア一族の4兄妹がヒーロー,ヒロインになるシリーズの第1作。モーティマーと言えばコンテンポラリーというイメージですが,ヒストリカルを書かせてもやはり一流のストーリーテリングと人物造形の見事さ,さらにユーモアあふれる暖かい作風は,コンテンポラリーに負けず劣らずの見事さです。特に本書ではヒロインのジェーンの自分の出自が明らかでないことから,美貌や明晰さを鼻にかけず,しかもひたすら自分の誇りを失わず,一切卑屈にならない潔さに,思わず拍手を送りたくなる存在感のすばらしさが魅力です。次作「薔薇のレディと醜聞」も冒頭からわくわくする面白さを予感させる導入です。シリーズはすでに邦訳が出ていますので,読むのが楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

純白の誓い薔薇のレディと醜聞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます