SSブログ

身分違いのフィアンセ(億万長者に愛されて 1) [キャサリン・マン]

SHALOCKMEMO755
身分違いのフィアンセ (億万長者に愛されて 1) Rich Man's Fake Fiancee 2008」
キャサリン・マン 神鳥奈穂子





元上院議員で時期国務長官候補ジンジャー・ランディス女史の息子4人をヒーローにしたシリーズの第一弾。長男で,下院議員,母の議席を埋めようと上院議員選挙に打って出たマシュー・ランディスは選挙のパーティの打ち合わせにやってきたアシュリーとひょんなことで一夜をともにすることになる。あこがれの下院議員と素晴らしい一夜を過ごしたアシュリーは,これからのことをすっかり期待したのだが,マシューは翌朝,何の約束もしないまま去ってしまう。しかし,マシューの心の中にはアシュリーの存在が大きく印象づけられていた。アシュリーの家に忘れ物をしたことに気づいて戻ろうとしたとき,家は火の手が上がり,マシューはアシュリーを助けに火の中に飛び込んでいく。翌日の新聞には,二人一緒にいる写真とともにスクープが掲載される。アシュリーを守らなければと,マシューはとりあえず選挙が終わるまでの偽の婚約をしようと申し出る。アシュリーは他の姉妹とともに里子としてアビー叔母のもとで育てられた。成長した今,会計士として,また血は繋がっていないものの実の姉妹よりも信頼し合える二人の姉と交流を続けていた。アシュリーの家は,アビー叔母が残してくれた財産でもあった。失火の原因は古くなった配線がショートしたためとわかり,火災保険で家の再建は可能になった。当座の間とランディス家で過ごすことになったアシュリーを,ジンジャー初めランディス家の人々は暖かく迎え入れ,二人の婚約も本当のことのように喜んでくれている。しかし,選挙戦のまっただ中でちょっとのスキャンダルが命取りになりかねない状況で,マスコミに追いかけられることは必死だった。アシュリーは,マスコミの追求に苦境に立たされようとするマシューを,爽やかで当意即妙な返答で救い,マシューや選挙参謀の信頼を厚くする。しかし,いつまでも嘘を突き通すことが苦しい二人が,婚約を解消しようとした時,ある出来事が二人の関係を決定的なものにする。
かつて,愛した女性がいたマシューは,再び傷を負うことができず,アシュリーに愛していると言うことができないでいた。これまで,家族の誰にも話したことのない心の傷を,アシュリーにはなぜか,話すことができたのだった。かくして,アシュリーへの愛を確信したマシュー。アシュリーもまたマシューへの信頼を確信することができ,選挙戦に打ち込むことができたのだった。サイドストーリーとして三男の弁護士セバシチャンと妻のマリアンナの離婚話も登場し,次作への冒頭へと繋がっている。
あまり幸せではない青春時代を過ごしたアシュリーが,その美貌と賢明さを発揮し,マシューのみならずランディス家の人々の信頼と愛を勝ち取っていくストーリー展開が爽やかで素晴らしいエピローグに繋がっていきます。シリーズの他の作品への期待が広がる傑作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます