SSブログ

炎の一夜が授けた命 [シャンテル・ショー]

SHALOCKMEMO881
炎の一夜が授けた命 Billionaire's Secret
(ホテル・チャッツフィールド 4) 2014」
シャンテル・ショー 山本翔子





シリーズ「ホテル・チャッツフィールド」の第4弾です。少年の頃の火災の影響で,半身に大火傷を負いバッキンガムシャーのチャッツフィールド邸で引きこもるように生活しているニコロ・チャッツフィールド32歳。ニコロにホテルの株主総会に参加してもらおうと邸に送り込まれたのは,社のCEOクリストス・ヤトラコスの秘書のソフィー・アッシュダウンでした。大火傷で心に傷を負ったままのニコロに対して,ソフィーは16歳で骨肉腫に犯されていることがわかり,2年間に及ぶ苦しい治療の末,病を克服したという経験を持つ26歳の美しい女性です。治療中にすっかり失ってしまった髪も今はすっかり金髪の美しい髪になり,豊かな胸とすばらしいプロポーションを持ち,秘書としてもクリストスから絶大な信頼を受けています。それは,一度失いかけた命を病を克服することで再び取り戻したことに感謝しながら生きるという,前向きな気持ちと生き方から産まれてきたものでした。ニコロもまた心の傷を取り戻すために火災で治療中に知り合ったマイケル・モリスが亡くなった後,その妹のベスを見つけ出し,火災被害者支援財団の理事長に据え,財団の運営資金をファッジマネーで獲得するという仕事をしていたのです。しかしながら,半身に負った火傷後は今もニコロに引きこもりがちな生活を強い,火傷のきっかけになった父の不倫現場を目撃したことを隠しながら生きているのでした。今ホテルの株主総会への参加を拒み続けているのは,この父への不信と,姉瑠シーラではなく外部のクリスタコスをCEOに据えた父への反感からでした。やんちゃで愛くるしかった13歳のニコロが忌まわしい記憶と体に負った傷のせいですっかり別人のようになってしまったことを,かつての使用人たちは嘆き,チャッツフィールド邸も荒れるに任せられた状態になっていたのです。ソフィーはそんなニコロの心の傷を少しずつ探りあて,ニコロの父の書類の整理とともにニコロと生活を共にすることでなんとか株主総会への出席を承諾させようとするのですが・・・
奇妙な同居生活で初めは反発し合う二人ですが,なにやかにやという出来事が起こり,二人がそれぞれ抱えてきた過去の出来事を明かし合うことで惹かれ合い,ついに関係を持つまでに至るのですが,互いに愛し合う二人に別れが訪れ,ロンドンに戻ったソフィーを今度は体調の悪さと吐き気が襲います。癌治療の結果妊娠出来ないと思っていたソフィーがなんと奇跡的に妊娠し,それから二人の関係は微妙に変化していくのですが・・・。再び邸に戻り,生活し始め,ニコロのプロポーズをソフィーは受け入れるのでしょうか。ニコロの留守中になんと雷が館に落ち,燃えさかる二階の部屋からニコロがソフィーと愛犬を救い出すというクライマックスまで二人の心の旅路が語られていきます。二重三重に積み重ねられた秘密の出来事が読者の元に明らかになり,エピローグに至るストーリー展開は見事です。現代版「美女と野獣」です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます