SSブログ

その日まで愛を知らずに [トリッシュ・モーリ]

SHALOCKMEMO906
その日まで愛を知らずに Tycoon's Temptation
ホテル・チャッツフィールド 5) 2014」
トリッシュ・モーリ 中村美穂





チャッツフィールド・シリーズの第5弾です。今回はトリッシュ・モーリの作品。ワイナリーを経営するホリーは祖父とともになんとか事業を軌道に乗せては来たものの,大規模に事業を展開するよりも地元の人たちが喜んで自分の作ったワインをお祝い事などで使って欲しいという職人気質から抜け出せず,やや経営が危なくなってきていたのでした。そこに出資を申し出てきたのがチャッツフィールドのCEO,クリストフ・ヤトラコスでした。祖父のアンガスは大喜びで,しかもチャッツフィールドからの申し出であることに意味があると言います。そして,ワイナリーに派遣されてきたのはフランコでした。大財閥の一族でしかも自分のワイナリーを買収しに来たプレイボーイだと思ったホリーは,初めはフランコに反発して,例え経営的に困ってもチャッツフィールドにだけは売りたくないと宣言します。しかし,なんとしてもこの買収を成功させないと一族からの支援を得られなくなるフランコは,自分もワイナリーを経営し,しかも農作業もできると,ホリーの作業の手伝いを申し出ます。お坊ちゃんの世迷い言と高をくくって作業を許可したホリーですが,フランコが正確にしかも速く作業を進める様子を見て,ちょっと見直します。そして圧倒的な男性としての魅力を振りまくフランコが,不幸な少年時代を過ごし,苦労してきたことを知り,少しずつ彼に引かれていく自分を抑えきれなくなってしまうのでした。フランコもまた,生意気なホリーが農作業用の目立たない服装をしていても女性的な魅力にあふれた面を持っていることに気づき,初めの意図を忘れてもホリーと結ばれたいと考えるようになります。そんなとき,ワイナリーの経営者に与えられるオーストラリアの年間賞の候補者にホリーが入賞します。そして授賞式で優勝者が発表されるというとき,フランコがホリーを連れて行くことになるのでした。そして,二人は結ばれ,強い絆を得ます。チャッツフィールドにワイナリーの製品を出荷することを了承することにしたホリーに,フランコが実は意図的にホリーを口説いていてことを知り,裏切られたホリーは・・・。
反発し合っていた二人が次第に惹かれ合い,そして困難を乗り越えて愛を育んでいくストーリーがとても爽やかで深い印象をもたらす秀作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます