SSブログ

強いられた結婚 [アニー・ウエスト]

SHALOCKMEMO964
強いられた献身 Rebel's Bargain
ホテル・チャッツフィールド 7) 」
アニー・ウエスト 馬場あきこ





ホテル・チャッツフィールド・シリーズの第7弾です。今回はオルシーノがヒーローです。会社経営に携わるように父から言われ続けてきたオルシーノですが,病に倒れた父を母が子供の自分を含めて家庭を捨ててしまったことで心に傷を負い,そのまま命がけの冒険にでることが彼の人生の目的になってしまっています。そしてかつて結婚した妻ポピーが結婚式当日に他の男性と寝室にいたことにも傷つき,離婚はしないものの5年間も別居を続けていました。無謀と言われながらも冬山の登山の途中で大怪我を負ってしまい,入院することになります。妻ポピーはモデルとして名前が売れており,また新しい大手化粧品会社の商品販売戦略の撮影をフランスで行うことになっていました。病院から連絡のあったポピーはオルシーノの入院する病院に急遽駆けつけます。視覚にも異常が認められ目にも包帯を巻いているオルシーノを見て,ポピーは数日間オルシーノの元に留まることにしました。5年前のことを忘れられずにいるオルシーノはポピーに自分の面倒を見させることで復讐しようと考えています。逆にポピー側からするとあの日のことをきちんと説明する隙を与えられず自分を捨ててしまったオルシーノに対する怒りは未だに消えておらず,離婚を望んでいたのでした。そして退院後,ポピーの撮影場所でオルシーノも暮らすことにするのでした。ポピーはオルシーノの仄めかしに乗せられず厳しく誘いの言葉を断り続けるのですが,オルシーノは懐柔することを止めようとしません。やがて撮影場所にも現れるようになったオルシーノはある日撮影終了後に酔ってポピーに言い寄ろうとしていた男性を追い払います。ポピーは自分で撃退できたのにと言い訳しますがオルシーノが救ってくれたことに気持ちが揺らぐのでした。さらに偶然仕事の電話を取ったポピーは,オルシーノが数々の冒険で得た金銭を慈善事業のために使っていることを知り,5年間夫を理解していなかったことを知るのです。やがて夫婦関係を復活させた二人ですが,5年前のあの日のことを二人とも誤解したままでした。そのためちょっとしたことで互いに対する恨みや怒りが爆発してしまいます。そして,撮影終了日,ポピーと同室していたプロデューサーのミーシャが撮影現場にやってきてオルシーノと殴り合いになるのでした。それでもポピーの説明を聞こうとしないオルシーノ。この狭量さと頑固さはおそらくチャッツフィールド家の遺伝子のなせる技なのでしょうね。何週間か二人は互いに連絡を取ろうとしませんでした。そこにポピーの元にオルシーノのオフィスに来るよう連絡がありっぴーが応じますが,相変わらずポピーが5年前の出来事の説明をしても「信じられない」と言い切るオルシーノ。今度はポピーがオルシーノを呼び出します。
若くして結婚した二人が,精神的に稚拙なために狭量に互いを責め合いをし続けて5年後,紆余曲折の結果愛し合っていることを確認し合うというストーリーです。パターンとしてはありきたりですが,何ともすさまじい互いの言葉の応酬が迫力があります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

妹は秘密の妻白馬の騎士の誘惑 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます