SSブログ

都合のいい花嫁 [ソフィー・ペンブローク]

SHALOCKMEMO1075
都合のいい花嫁 His Very Convenient Bride 2015」
ソフィー・ペンブローク 高山 恵





ヘレナとフリン。モリソン家とアシュトン家。複雑な二つの家族の関係と,ヒーロー・ヒロインの愛の成長,そしてヒロインに隠された秘密。それが交錯した興味深い作品です。
16歳のころ憧れの気持ちを抱いたことがあるフリンの結婚式の日,結婚相手のセア・モリソンがフリンの弟ジークと結婚式から逃げ出したと知ったとき,セアの妹ヘレナは自分が身代わりに結婚式を挙げるととっさに提案します。ちょっと自分より小柄なセアに合わせて作られたウエディングドレスに無理やり身体を突っ込んで・・・。セア,ヘレナ姉妹とフリン,ジーク兄弟が,姉と弟,兄と妹という組み合わせで結婚するという奇妙な関係がスタートします。初めはセアとフリンの結婚式のはずだったのですから,ヘレナにとっては自分が代役に過ぎないことはわかっていました。しかし,招待客が大勢いる前で花嫁に逃げられたフリンを見捨てることができずに,自分から代役を引き受けたのでした。さらに,実はモリソン家の当主,つまり姉妹の父親トーマスとアシュトン家の妻,つまり兄弟の母親が愛人関係になるというおまけ付きです。さらにさらに,フリンはアシュトン家の養子であり,両親が誰かは最後まで分かりません。フリンにとっては会社で重要な役割を果たすことが自分の生きがいであり,モリソン家の娘との結婚が,養父母から認められるためには非常に重要だったのです。便宜的結婚の最たるものでした。ヘレナにとっても,かつての憧れの君であるフリンとの結婚が,初めは便宜的なものであっても,いずれ二人の間に愛が芽ばえるかもしれないという期待があったことも事実です。しかしヘレナにも大きな秘密がありました。若気の至りで羽目を外しすぎて妊娠してしまい,産まれた娘を親に言われたとおり養子に出してしまったのです。その娘が今どこにいるのか,生きているのか死んでしまったのかさえ分からない状況でした。かつて養子だと分かったとき,自分を捨てた親を恨んでいたフリンは,このヘレナの行動が,子供に対する裏切りでしかないと考えざるを得なかったのです。この秘密を初めから明かしていれば二人の間にひびが入る隙間もないほど,二人の関係はよくなったのですが,イタリアでのハネムーン中の便宜的な結婚から1週間後,両家の親たちが二人の結婚契約書へのサインを求めたとき,ヘレナは娘の存在をフリンに告げなければならなくなり,関係が良くなっていたがためにかえってフリンのヘレナへの失望が強まったのでした。こんな複雑な両家の関係を絡めながら,ストーリーは急展開していきます。フリンとヘレナは愛を取り戻せたのでしょうか。
ややあり得ないような家族関係は,韓流ドラマのドロドロ劇のような展開ですが,不思議とドロドロ感はなく,なにかさっぱりした感じがするのは,率直に自分の気持ちを言葉に出し合うヘレナとフリンの二人の関係からきているのかもしれません。なお,「姉妹編の初恋の残り香」は未読です。


タグ:イマージュ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

小さな愛の願い傷を負った天使 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます