SSブログ

シンデレラの献身 [キャロル・モーティマー]

SHALOCKMEMO1089
シンデレラの献身 The Taming of Xander Sterne
(闇のダリウス,光のザンダー 2) 2015」
キャロル・モーティマー 深山 咲





ダリウス・スターンとザンダー・スターンの双子の富豪をヒーローにした連作の第2巻です。前作ではダリウスが,本作ではザンダーがヒーローとなります。前作のヒロイン,アンディがダリウスと結婚し,事故で怪我を負っているザンダーの世話をするためにアンディの親友サマンサ(サム)・スミスがザンダーの元にやってきます。シングルマザーのサムは娘のディジーを連れています。子供が家にいることに慣れないザンダーはいくつかのルールを守らせようと考えていますが,それを言い出す前にさっそくデイジーが走ってきたためにバランスを崩して倒れてしまいます。それを助けようと前に出たサムが逆にザンダーの上にのっかてしまったから大変です。すぐに二人を追い出そうとするザンダーですが,シングルマザーであるサムには今回の短期の仕事の収入が大切な生活費になる事情があり,必死に頼み込みます。やっといくつかのルールを決めたことでなんとか居場所を確保したサムですが,その後も何度か慣れない仕事とザンダーの圧倒的な男性的魅力にボンヤリして失敗を繰り返してしまいます。このあたりがサムの可愛らしさですし,デイジーもその後ザンダーにすっかり慣れザンダーを信頼している様子にサムも驚きを隠せません。いつしかザンダーを愛してしまっていることに気付くサム。そんな時,デイジーを幼稚園送っていったときに前夫が現れます。そしてサムに愛人になれと言い寄ろうとするのでした。デイジーの誕生を望まず,和解金を断る代わりにデイジーの親権を条件として離婚したサムですが,まさか離婚後3年も経ってから前夫が現れるとは思ってもみませんでした。サムが悩んでいる様子に気付いたザンダーはその理由が前夫にあることをなんとか聞きだし,手を打ち始めます。そして契約期間が迫り,もうザンダーに会えなくなるかもしれないサムはついにザンダーの愛を受け入れることにします。翌日前夫が怒鳴り込んできたとき,サムはザンダーの助けを借りて前夫を追い払うのですが,同時にザンダーとの関係を知られないためにはここを出なければならないと言い,デイジーと小さなフラットに移っていったのでした。数週間後,ダリウスとアンディの後押しもあってザンダーはサムの元を訪れるのですが・・・。
2作品は本当に関連強い作品です。ザンダーが何故サムの前夫の行動に腹を立てるかなど,前作を読んでいないと理解できない部分が結構ありますので,未読の方は是非順番どおり読むことをオススメします。モーティマーの近作の中では本当に傑作だと思うイチオシ,ミニシリーズです。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます