SSブログ

砂漠に咲いた薔薇 [メレディス・ウェバー]

SHALOCKMEMO1146
砂漠に咲いた薔薇 The Sheikh Doctor's Bride 2015」
メレディス・ウェバー 八坂よしみ





 ハーレクイン版とミルズ&ブーン版の表紙イメージを比較してみましたが,圧倒的に上のハーレクイン版の方がいいですね。邦訳版の方はなんだかアラビア風ならなんでもいいという感じの表紙ですから,個性に欠けます。
さて本作はシークものと医療ものを融合した作品です。アンベラク国という砂漠と美しい海岸線の国の皇太子,例によって長い名前ですが,ファリード・イブン・ヤディム・イブン・ムスタファ・ファルークは,両親の不和から叔父である現国王に育てられたも同然。そろそろ結婚適齢期?39歳ですから,立派な大人ですが,結婚にはどうも足が向かないでいるようです。それは両親の不和により,母親から捨てられ,父親の最期を間近で見てしまったためでした。叔父はファリードを連れて馬の買い付けでオーストラリアのケイトの母の経営する牧場にやってきます。ケイトの母のサリー・アンドルーズは馬のブリーダーとして牧場を経営していますが,経営はあまり順調とは言えませんでした。もしこの王族の依頼を受けることができたならかなり名前も売れて経営も順調になるかもしれません。ケイトは救急救命医としてアメリカで働いていましたが,父親が亡くなったため帰国しており,母の手伝いをしながら障害を持つ弟の世話もしていました。そこに不機嫌な様子のファリードがやってきたのです。そして国王がケイトにとんでもない提案をします。ファリードと1年間便宜的な結婚をしてくれれば,牧場で育てられている馬を買い上げ,運営のための牧童も雇ってあげようというものでした。何より,女性の医師が不足している国情の改善にも役立つというのです。
 昔の砂漠の国のように金で買われた花嫁という設定に驚きと恐ろしさを感じたケイトですが,国王の切なる願いと牧場の経営に役立つという思いに駆られて承諾するのでした。そして更に条件として結婚式が済むまでファリードには花嫁が誰かは知らせないというのです。ファリードは自分の母が赤毛のヨーロッパ人で金と引き替えに父と結婚したことを何よりいやがっていたのですが,それは誰にも話していませんでした。目眩く美しい砂漠の国アンベラクで,ケイトは飛行機の上空からの眺めの段階からこの国に惹かれていきます。しかしファリードの想いを推し量ることができず,不安を抱いたままでした。なにかと自分の言葉に異議を唱えることもあるケイトにファリードは冷たい態度を取るのですが,実は互いにオーストラリアで初めて会ったときから惹かれるものを感じていたのでした。あとは様々な出来事をとおして二人の気持ちは次第に近づいて行くのですが・・・。しかし母の牧場で大切にしていた馬が心ない人によって流れ弾に当たって死んでしまったことを知らされ,馬が唯一の友達であった弟を心配して帰国することにしたケイト。結婚もこのまま解消かという思いを抱えたまま帰国したケイトの元に,ファリードがやってきて,母馬の出産を手伝うのでした。
 過去の経験に囚われて愛を信じられなくなった皇太子が便宜的な妻の愛情によって心を開き幸せを手にしていくという物語です。ヒロインが32歳というのもかなり年齢が高く,大人のロマンスという雰囲気が全編に漂います。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

未熟な花嫁秘書はシンデレラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます