SSブログ

孤独なバージンロード [リン・グレアム]

SHALOCKMEMO1184
孤独なバージンロード The Expectant Bride
Greek Tycoons 1 ) 1999」
リン・グレアム 小林町子





 原題は「身ごもった花嫁」
 ヒロイン:エリー・モーガン(21歳)/書店員と夜の清掃員のアルバイト/小柄(152センチ),金髪(プラチナ色),目は澄んだグリーン/祖母はオランダ人
 ヒーロー:ディオニシオス(ディオ)・アレクシアキス(29歳)/アレクシアキス・インターナショナル社社長/長身(193センチ),濃く長いまつげ,くっきりした眉,細い鼻,意志の強そうな顎
 ある夜,アルバイトしている会社でフロア担当を出来心で同僚と交換してしまったエリー。そこは最上階の社長のフロアでした。奥の部屋には入ってはいけないと注意されていたにもかかわらず,2つあるドアの該当する部屋に入ってしまったエリーは,社長の電話の声を聞いてしまいます。秘密の電話を聞いてしまったと難癖を告げられ,あろう事か,秘密をばらさないようにこれから3日間,自分の監視の下でギリシアに同行するようにと勝手に決めてしまった相手こそ,社長のディオでした。何かにつけて自分の思い通りにしようとするディオにエリーはことごとく反抗的な言葉を投げつけます。小柄な女性から,いや他人すべてから反抗的な言葉を言われたことのないディオにとっては,この小柄な女性はちょっと面白い存在だったのです。ギリシアでは父の葬儀が待っています。仲違いして長いことたった父の葬儀という気の重い行事に行かざるを得ないディオにとってはエリーの存在はちょっとした気晴らしのような軽い気持ちでした。ヘリと自家用機をのりついでギリシアのチンドス島に行き着いた二人ですが,そこに待ち構えていたのは彫像とも見まごうばかりの完璧な化粧を施した美女ヘレナでした。ディオの男性的な魅力に参りそうになっていたエリーにとっては,まさにヘレナはディオと好一対のベストカップルに見え,自分はとても太刀打ちできないと不安な気持ちで一杯です。ところが,葬儀の終わった夜,ディオはエリーを求めてくるのでした。心の中では自分がもてあそばれているだけだと分かっていながらも,エリーはディオに自分の初めてを捧げてしまいます。それほど切羽詰まっていた二人の感情でした。そして数週間後,エリーは妊娠したかもしれないと気付きます。ディオに体調を聞かれて,思わず病気ではないが妊娠したかもと答えてしまうエリー。さぁ,そこからが大変です。ギリシアに向かったとき幅広の帽子とサングラスをかけたエリーですが,タブロイド紙がディオとエリーの写真を載せてしまったため,清掃員の同僚たちからもひょっとしてあれはエリーではないかと疑念を抱かれてしまったのです。じつはその写真を流したのは嫉妬に狂ったヘレナの仕業だったのですが,それを主張するとディオはヘレナがそんなことをするはずがないと,エリーの話しを聞こうともしません。5歳の頃から祖父にヘレナをいつか嫁にすることになると頭の中にすり込まれて育ってきたディオにとって,3歳年上のヘレナはまさに完璧な女性で卑劣なことなどするはずがないと思い込まされていたからです。ヘレナもまたディオの前では貞淑な女性を演じていますが,エリーには皮肉や冷たい言葉を投げつけるだけの人でした。自分を信じない人とはもう一緒に暮らしていけないと,結婚式の数日後に家を飛びだしたエリー。ところが,自分の貯金で買い取ろうと思っていた書店も,店主の甥が後を継ぐからと突然言いだし,職を失うことになってしまったのです。出産,育児と職業をどう両立していったら良いか愕然とするエリーですが,なんとかなるという強い気持ちを持ち続けます。一方エリーに去られてしまったディオは,調査した結果ある新聞記者から情報の元はヘレナだということを知り,エリーの言葉を信用しなかった自分を責め続ける日々を過ごしていました。友人の医師夫妻からの助言を得て,エリーの元を訪れ,ひたすら謝るディオ。二人の関係は復活されるのでしょうか。
 60巻にも及ぶ「ギリシアの富豪」シリーズの輝かしい第1作の見事な幕開けです。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

再会は甘い苦しみシークの罠 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます