SSブログ

王子と孤独なシンデレラ [クリスティン・リマー]

SHALOCKMEMO1192
王子と孤独なシンデレラ The Prince's Secret Baby
Bravo Royales 1 ) 2012」
クリスティン・リマー 宮崎亜美





 原題は「王子の秘密の息子」
 ヒロイン:シドニー・オシェア(34歳)/テキサス出身,両親を幼い頃亡くし祖母に育てられる/弁護士:法律事務所パートナー
 ヒーロー:ルール・ブラボー=カラブレッティ(32歳)/モンテドーロ公国王子(次男),貿易商/漆黒の瞳,高い頬骨,男らしい顎,シャープな鼻,広い肩
 クリスティン・リマーの大河小説「都合のいい結婚」,そのモンテドーロ公国を舞台にしたシリーズの第1巻です。「無垢な天使の祈り(SHALOCKMEMO1103)」は既読です。ヒロイン,シドニーの毅然として頭の回転が良く,少々頑固な一面がヒーローのルールに気に入られたところですが,容貌の美しさ以上にその性格・行動力・愛情深いところが前面に出ています。その分,なかなか勇気が出ず自分の息子のことをなかなか言い出せずにうじうじしているルールの情けなさが,以外とかわいいと思えるのも,シドニーの一言,つまり真実を知って,そのことを言い出せずにいたルールを許せはしないけれども,タブロイド紙が全くの想像で記事を出したことも許せず,自分の夫の名誉を傷つけたと怒るシーンです。そしてそんな二人をとても温かく見守り,二人の解決を任せようとするルールの両親も,大公家のとても素敵な家族愛のなせるワザだろうと,読者を温かい気持ちにさせてくれます。
 登場人物が多い作品ですが,このブラボー=カラブレッティ家には8人も兄弟姉妹がおり,それぞれがヒーロー,ヒロインになっただけでも8作ができることになりますし,さらに父方の従兄弟たちがアメリカ,テキサス州を中心に広がっていますから,大きなシリーズになることが予想されます。すでにこちらの方も再刊,電子化がすすんでいますので,いずれ全巻を読んでみたいものだと思います。また,本作中でもシドニーの親友で息子の子守もしてくれている作家志望の女性,ラニの存在も貴重です。シリーズのどこかで彼女がヒロインになって欲しいと言う気にさせる,なんとなく気になる女性です。さて,エピローグでは次作のヒロイン,リリアナ王女のことが述べられているところ,作者のシリーズへの格好の広報活動もなかなか巧みですね。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

嬉しくないプロポーズ氷の中の真実 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます