SSブログ

王子様に恋したナニー [ジュールズ・ベネット]

SHALOCKMEMO1207
王子様に恋したナニー What the Prince Wants
( Billionaires and Babies 58 ) 2015」
ジュールズ・ベネット 堺谷ますみ





 原題は「王子様が望んだこと」
 ヒロイン:ダーシー・クーパー(30歳)/ナニー派遣会社「ラビングハンズ・チャイルドケア」経営/女性らしい曲線を描く身体,表情豊かなグリーンの瞳,深みのある琥珀色の髪
 ヒーロー:ミコス・コリン・アレクサンダー/ガリーニ・アイル国王子/妻カリナが1年前に急死,ロッククライミングの事故で障害を持つ/ブルーの瞳
 「ダーシーは21歳の時,重い子宮内膜症で子供を産めない身体だと診断された。」というヒロイン,ダーシー・クーパーはカリフォルニア州内から出たことのない普通の女性。最近亡くなった祖母の経営していた会社を引き継ごうとしていました。恋人に1セントも残さないで全て財産をだまし取られ,さらにその借金を埋めるために会社の経営が危なくなっています。そのため,長年勤めてきた社員を全員解雇せざるを得ない状況に追い込まれ,今回,半年間ナニーを務めれば得られる法外な報酬でなんとか会社を軌道に乗せられるという瀬戸際の状況でした。初めに面接に赴いたとき,すぐに担当の子供の世話を実践させられるという日でしたが,幸いなことに該当の女の子イリスはすぐにダーシーに懐き,滑り出しは好調かと思われましたが,なぜか雇い主のミスター・アレクサンダーは「君を雇えない」というのです。なんとか今日1日でも試用期間として過ごさせてくれないかと頼むと,渋渋ながら承諾を得ることが出来ました。実はこの時,コリンことミコス・アレクサンダーは,年配のいかにもナニーらしい女性が派遣されてくるものだと思い込んでいて,ダーシーが若く,女性らしい曲線を描く身体をしていることに戸惑い,使用人に対して不適切な行動を取ってしまうのではないかと恐れて,断るつもりになったのでした。2年前,妻との関係が悪化し,さらにその妻を交通事故で亡くして,自らもロッククライミング中に落石に当たって大怪我をし,やっとの思いでリハビリにこぎ着けたばかりでした。辛い妻の死と自分の怪我を悔いて,祖国,ガリーニ・アイルを離れ,義姉の祖国であるアメリカでしばらく生活しようと思っていたところだったのです。そんなコリンにとっては,マスコミの執拗な追求から逃れ,愛娘と共にこれからの生活についてじっくり考えたいと思ってきたところだったので,使用人に恋愛感情などを抱いてはいけないと思ったところだったのです。なだめすかしてもなかなか泣き止まなかったイリスが,ダーシーが来てから数分ですっかりおとなしくなり,機嫌良く昼寝についたことに驚き,コリンは1カ月の試用期間を設けるという条件で,ダーシーの滞在を許可するのでした。ダーシーもまた,自分がもう子供を持てないという状況と,イリスに対してすぐに深い愛情を感じ,さらには,女性なら誰しも振り向くようなハンサムなコリンに強く惹かれながらも,今は会社を建て直すためになんとしてもこの仕事をやり遂げて報酬を得たいと強く考えていたことで,コリンに対する思いを表に出さないようにしようと決意するのでした。それからは,イリスを間に挟んで,近づきすぎないように気をつけながらの微妙な二人の生活が始まります。そして1カ月を迎えようとしたとき,ついにダーシーはコリンとの接触を自ら決意せざるを得ないほど惹かれていく自分をもてあましていました。そして一夜を共にした二人が楽な服装でイリスに食事をさせていたところに,コリンの兄が突然やってきます。ガリーニ・アイルの王位継承者であるコリンの兄は,コリンをミコスと呼び,二人の関係を見抜き,コリンが王子であることをバラしてしまうのでした。
 もうここにはいられない,と荷物をまとめようと部屋に戻ったダーシーをコリンが追いかけてきて,真実を告げるつもりだったことを信じてくれと頼み込みます。そして,いったん国に帰らなければならないが,イリスを安心して預けられるのは君しかいないので,一緒に来て欲しいと説得にかかるのでした。ふたたび男性に騙されたという後悔の念と,このまま二人と別れてしまうにはあまりに深く関わってしまったという気持ちの狭間で揺れるダーシー。しかし,たくましくも,会社再建という目的のためにはここで逃げだすわけにはいかないと,ガリーニ・アイル行きを承諾するのです。宮殿について,自分とコリン(ミコス)とはやはり生活基盤が違うという実感を得たダーシーですが,コリンの義姉ビクトリアが自分のためにパーティ用のドレスを作ってくれたり,何くれとアレクサンダー家の男どもは・・・と打ち明け話をしてくれたりして慰めてくれ,なんとかパーティーにでて,コリンの気持ちを自分に向けようと前向きに考えられるようになります。
 モデル体形でもなく,恋人にも美しいと言われたこともなかったダーシーに,君は美しいと言ってくれ,3人で幸せな家庭を築きたいという気持ちを明らかにしてくれたコリン。そんなコリンを愛する気持ちを抱かずにはいられないダーシーの,懐の広く,愛情深い性格がとても爽やかで,読後感の素晴らしい作品です。関連作でコリンの兄ステファンとビクトリアのロマンスを描いた「かりそめのプリンセス(SHALOCKMEMO1157)」は,ビクトリア側から描いた作品でしたが,本作はステファンとコリンの兄弟を中心に描いていますので,別シリーズになっています。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

秘密の小さな姫君愛までの9カ月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます