SSブログ

侯爵に言えない秘密 [アンナ・クリアリー]

SHALOCKMEMO1226
侯爵に言えない秘密 At the Boss's Beck and Call
( Undressed by the Boss 7 ) 2009」
アンナ・クリアリー すなみ 翔





 原題は「上司に呼び出され支配されて」
 舞台:シドニー
 ヒロイン:ラーラ・メドーズ(27歳)/出版社の編集者/ブロンドの髪,きりっとした顎,すらりとした脚/
 ヒーロー:アレッサンドロ(サンドロ)・ヴィンチェンティ(35歳)/出版社の新社長,ヴェネツィアの侯爵/190センチ,黒く濃いまつげ,高い頬骨,くっきりした顎,漆黒の目/
 アンナ・クリアリー5年ぶりの新訳です。もともと年1冊ぐらいしか出していない作家ですが,まだ最新作が未訳で,もう少し訳本が出てもよい作家だと思います。これを機会に全作の訳本出版が望まれます。本作はいわゆるシークレット・ベビーものです。スティレット出版社に勤務する編集者ラーラは一児の母,いわゆるシングルマザーですが,前社長ビル・カーマイケルに認められ編集者として子供を育てながら働いてきました。ところが,社がヨーロッパの大企業スカラ・エンタープライズに身売りすることになり,会社から派遣されてきたのがかつてのラーラの恋人で子供の父親でもあるアレッサンドロでした。ヴェネツィアの侯爵で凄腕の実業家でもあるアレッサンドロは中世には復讐に命を賭けたと噂される,かの有名な?ヴィンチェンティ家の末裔で,6年前にラーラと激しい恋に落ち,ラーラにはヴィヴィアン(ヴィヴィ)という愛らしい一粒種の娘が産まれたのでした。6年前にシドニーで開催された国際出版会議で出会った二人は「ザ・シーズンズホテル」のスイートルームで激しく恋に落ち会議の期間中共に過ごしたのですが,イタリアに一緒に来てくれないかというアレッサンドロの誘いをラーラはきっぱり断り,映画「めぐり逢い」のシーンをまねて日時指定でシドニーのセンターポイント・タワーで会う約束を取り交わすのでした。ところがその後大規模な山火事が起こり,ラーラは大怪我を負い,家も父親も失ってしまいます。母親と命からがら逃れて,小さな家で暮らしてきたのでした。当然約束の日時にいくことなど出来なかったのです。さらに,偶然みた雑誌でアレッサンドロがイタリア名家の美女と結婚した記事を目にしたラーラは当然アレッサンドロも約束を果たせなかったはずだと,思い込んでしまい,ヴィヴィアンの存在を告げることを諦めたのでした。ふたたびラーラの元に現れたアレッサンドロに「ヴィヴィの存在を知られるわけにはいかない。」とラーラは考えます。なぜなら,「イタリア人は家族が崩壊することを極度に怖がっていて,経済的にどれほど苦しくてもあらゆることを犠牲にして子供に立派な教育を受けさせようとする。ヴィヴィはまだ幼く,生まれ育った国から乱暴に引き抜いてヴェネツィアであれロンドンであれ,見知らぬ国に植え直すことなど出来はしない。」と考えたからです。アレッサンドロはヴィヴィの存在を知ればきっと自分の国に連れ去ってしまう,そしてそれだけの財力と権力も持っていることは明らかだったからです。
 実はアレッサンドロはあの約束の日にシドニーに来ていたのでした。前後3日間滞在し,ラーラに連絡を取ろうとしたのですが,ラーラは姿を見せず,電話も繋がらないままでした。きっと自分との関係は嫌になったのだと思ったアレッサンドロは,山火事やラーラの怪我のことまで想像することも出来ず失意のうちにイタリアに帰ったのでした。しかし,偶然再会した今,アレッサンドロはラーラにまだ惹かれていることを認めないわけにはいきませんでした。惹かれる気持ちと裏切られた気持ち。愛と怒り。その狭間で苦しむアレッサンドロ。ラーラもまた,アレッサンドロがイタリアに妻がいると思い込んでおり,ヴィヴィの存在を知られたくないという気持ちが強く自分のこととを詳しく語るわけにはいきません。会社の新社長が決まれば,アレッサンドロはまた帰国するはずで,それまでなんとか持ちこたえられればという気持ちと,アレッサンドロを思うと未だに自分の欲望に火がついてしまう反応にも戸惑うのでした。アレッサンドロの結婚相手ジュリア・モレロは,雑誌の写真によると裕福な家の出で絶世の美女。でもアレッサンドロの左手には結婚指輪が嵌められていないことに気付いたラーラ。それを二人でいるときに聞いてみると,「僕に妻はいないよ」という答えが返ってきます。実はジュリアとアレッサンドロは家同士が知り合いの幼なじみ。かつてジュリアは間違った相手と結婚し,その男性に離婚後もしつこく言い寄られ,さらに暴力まで振るわれて困っていたのでした。それを解決するためにアレッサンドロと偽装結婚をし,問題解決した後に関係を持たないまま離婚したのでした。相手の男性に信用させるため大々的な結婚式を挙げたところをマスコミが取り上げ,それが記事になったのでした。ラーラに捨てられたと思っていたアレッサンドロにとっては,それをラーラに告げる気持ちもその手段もなかったのでした。そしてアレッサンドロに誘われるままにラーラはふたたび関係を持ちます。そして突然家を訪ねてきたアレッサンドロにヴィヴィの存在を知られてしまうのでした。互いの事情が分かり,しかも二人の間の子供の存在が,二人の関係の複雑さをさらに深めていきます。シドニーとヴェネツィア,この距離を乗り越えて二人は結びつきを深められるのでしょうか。ヴィヴィはアレッサンドロの存在を好意的に受け止め,もはや父であることの名乗りを上げようとするアレッサンドロを止めることは出来なくなってしまいます。この葛藤を解決するためにアレッサンドロは思い切った手段をとるために一度イタリアに帰っていきます。二人の関係を心配するラーラの母。さて,その解決策とは・・・。ヴィヴィの本名を聞いたときのアレッサンドロのしたり顔が思い浮かび,読者の心を癒やしてくれます。
 互いの心が通い合ったときの軽口の言い合いや,ラーラの明るくたくましく生きる姿がとてもすがすがしく,読後感の素晴らしい作品です。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます