SSブログ

青ざめた薔薇 [サラ・クレイヴン]

SHALOCKMEMO1247
青ざめた薔薇 Bride of Desire
( Wedlocked 41 ) 2006」
サラ・クレイヴン 遠藤靖子





 原題は「欲望の花嫁」
 ヒロイン:アリース(アリー)・マーチントン(22歳)/未亡人/
 ヒーロー:レミー・ド・ブリザ(?歳)/医師/高い鼻,意志の強さを感じさせる割れた顎,頑固そうな口もと,ペールブルーとトルコブルーの中間の色の瞳/
 過去と現在が交差してちょっと不思議の国に迷い込んだかのような作品です。端的に言ってしまえばかつての恋人を捨てて結婚してしまったヒロインが結婚後ヒーローの子どもを身ごもっていたことを知り,その秘密を隠したまま再び彼と出会い,恋が再燃するものの,既婚者であることを知ったヒーローがヒロインに辛く当たる不倫物語という内容です。Wedlocked(既婚)シリーズの作品ですが,ヒロインの主体性が感じられず,脇役ばかりが活躍するという筋立てに,ちょっとついて行けないなぁと感じられる作品でした。ただ,ヒーローやヒロインの大叔母の住むブルターニュ地方と,嫁ぎ先のイギリスの貴族社会という英仏間の感情のもつれや考え方の違い,つまり対面を大切にするイギリスと愛を大切にするフランスという国民性の違いの間に挟まれたヒロインの悲哀や,マザコン夫に悩まされ,すべてを取り仕切ろうとする義母と嫁の確執という,結構アジア的な雰囲気,そしてヒーローを追い求める美人だけれど心の狭い娘との三角関係などかなり人間関係のごちゃごちゃした中で物語が進行する,なんか詰め込みすぎの作品になってしまっています。ヒロインがそこそこ美人であるとは思いますが,特にその風貌の記述もなく,ヒロインの心の言葉ばかりが描かれているので,読者がヒロインになりきるよう仕組まれているのですが,結構自分勝手なヒロインに気付いてみると,それも冷めてしまうように思うのですが・・・。ヒーローも医師の仕事のことはほとんど描かれず,ヒロインに去られるとすぐに海外に出かけてしまうような身勝手な男性で,あまり魅力が感じられません。相手を責めることで自分の鬱憤を晴らそうとする心の狭さが目立ちますし,ヒーローとしてなにか悩みがあるわけでもなく,ただのかっこいい青年のように感じられてしまいます。ヒロインの嫁ぎ先の義母と夫の驚くべき欺瞞が嫁いびりと言うより常軌を逸した態度であることもちょっと不快に感じられてしまい,ロマンス作品としての良さが見いだせないのではないでしょうか。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

いけない魔法愛は一夜だけ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます