SSブログ

婚約のシナリオ [ジェシカ・ハート]

SHALOCKMEMO1263
婚約のシナリオ Temporary Engagement
( Marrying the Boss 4 ) 1998」
ジェシカ・ハート 夏木さやか




HQB-735
16.06/¥670/208p

R-1724
01.11/¥672/156p


 原題は「臨時雇いの婚約者」
 ヒロイン:フローラ・メーソン(?歳)/臨時個人秘書,ページの大学時代からの親友/金髪よりは濃いが茶色とは言えない髪,最小限の化粧,ストッキングなしの脚,頑固そうな顎,青い瞳,大きすぎる鼻/
 ヒーロー:マット・ダベンポート(38歳)/エレクトロニクス企業「エレックス」のヨーロッパ支局長/長身,黒髪,浅黒い肌,厳しい顔立ち,緑の瞳/
 「君が生意気だとはページは言ってなかったよ」「あなたがユーモアのセンスのない人だとは聞いていなかったわ」 友人のページから頼み込まれて臨時に個人秘書になったフローラが上司のマットと最初にかわした会話です。普通マットの冷たい緑の瞳でにらまれると大概の人は怖れを成してしまうのですが,フローラにその目つきは効き目がありません。フローラは世界一周をするのが夢。そのために定職に就かず臨時雇いの仕事を中心に資金集めをしているところです。「彼女はどこか無視出来ない存在感がある。」というのがマットが始めに感じたフローラへの印象でした。ところが会社にモデル体形の美女ベネチアがやってきます。マットにすがりつくように食事に出かけてしまうベネチア。その後互いの生い立ちについて少し突っ込んだ話しをする機会がありますが,マットは数日間仕事でニューヨークに戻ることになります。不在の間フローラはマットがいないことに寂しさを感じ,マットもまたニューヨークでの仕事中フローラのことが気になっている自分にいらだちます。ロンドンへの帰郷後二人は食事を共にしたりするのですが,それが新聞で新たな恋人出現かとすっぱ抜かれてしまい,マットはフローラが情報を流したと疑うのでした。それはフローラの元恋人セバスチャンが記者であることも関係していたのです。しかし真犯人は意外な人でした。そしてマットは意外な提案をしてきます。結婚しろと口やかましい母を一時的に黙らせるために婚約したことにしようとフローラを説得しにかかったのです。その前にパーティに一緒に行って欲しいとフローラがマットを誘い,友人たちの目を欺くためにマットとフローラが付き合っていると言ってしまったからでした。互いの目的のためにもそれが妥当だと言い切るマット。友人たちへの冗談とは違い,母親を騙すことになるようなことはすべきではないと断ろうとするフローラですが,世界一周の航空券という条件を付けられてしまっては断ることが出来なくなってしまいます。実はマットはこの扱いにくい秘書のフローラの美点に気付き始め,心を乱されつつあったのでした。フローラもまた冷たい上司と言われてきたマットが実は優しい面をもったゴージャスな男であることに惹かれていたのです。「私が彼と恋に落ちるようなことを,彼は望んでいない。あり得ないことだ。」と自分に言い聞かせるフローラ。「一体この女性の何が僕をこんなにも動揺させるのだろう?彼女は普通の女性だ。絶世の美女でもなければ特別頭が良いわけでもない。唯一注目すべき点はフローラがそばにいると僕が自制心を失ってしまうことだ。」と考えてしまうマット。そしてマットの母ネルとの出会いはフローラの心をさらいマットに近づけていくのでした。すっかり意気投合してしまったフローラと母をみて,マットは「どれほど深くフローラを愛してしまったかに急に気付き」ます。そして互いの気持ちを告白し合う二人。あの新聞記事の情報を漏らしたのはなんと母のネルが無意識のうちに記者に語ったことだったことが判明します。もう二人の間には隠し事はなくなってしまうのでした。
 なんともハッピーな読後感を得られる作者得意の秘書・上司ものです。読了してから,ジェシカ・ハート作品は初めての読了本だと気付いた次第です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

愛,ふたたび君の声が聞きたい ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます