SSブログ

シンデレラになった家政婦 [マリオン・レノックス]

SHALOCKMEMO1272
シンデレラになった家政婦 The Earl's Convenient Wife 2015」
マリオン・レノックス 川合りりこ





 原題は「伯爵の都合のいい妻」
 ヒロイン:ジーニー・マクブライド(旧姓:ロックラン)(29歳)/家政婦兼秘書/女らしい体つきをした小柄の女性,顔にはそばかす,肩まである淡いブラウンの巻き毛,頬にはえくぼ,グリーンの目/
 ヒーロー:アラスデア・マクブライド(37歳)/第十六代ダンケーン伯爵/190センチ近い長身に漆黒の髪,人目を引くたくましい骨格/
 本作の主人公はなんと言ってもスコットランド西部に位置する島の自然です。ヒーロー,ヒロインの行動を通して,自然に厳しい中で美しい風景や鳥やラッコといった動物たちが大活躍し,主人公たちの気持ちを代弁するだけでなく,あるべき姿を教えてもくれる,まさに自然に学ぶことを目の前に提示してくれる作品です。作者の深い自然や動物に対する敬愛の気持ちや深い洞察力が無ければ本作はできあがらなかったことでしょう。
 さて,冒頭ではアラスデアの祖母アイリーンの遺言公開の場面から始まります。遺産相続の条件はアラスデアと従兄弟アランの未亡人でダンケーン城の家政婦だったジーニーとの1年間の結婚生活。それが出来たら会社の経営権と領地はアラスデアに,ダンケーン城はジーニーにという内容でした。1年間の結婚生活が完了しなかったり,30日以上別居生活送ればその時点で二人には何も残らず,会社と領地の売却した金額を全額動物愛護団体に寄付するという条件つきなのです。便宜的であれ結婚しなければすぐにでも二人とも路頭に迷うことになります。しかしジーニーが金銭目当てで従兄弟と結婚したと思い込んでいたアラスデアはすぐにでもジーニーを説得できると思っていたのですが,ジーニーはこの話を断ろうとするのです。慌てて秘書にジーニーのことを調査させることにしたアラスデア。ところがジーニーが欲深い女性ではなく,近隣の人たちからも祖母からもとても好かれており,さらに不幸なことに最初の夫を海難事故で亡くしたばかりか,放蕩者だった従兄弟をも失ってしまい,さらに未亡人になってからも祖母の世話と城をB&Bとして繁盛させていた働き者であることが分かります。改めて素直で見てみるとジーニーの目立たないけれどもその内面の美しさと太陽が輝くような笑顔の持ち主であることに気づき,自分の思い込みが如何に誤っていたかに気付くのでした。そしてジーニーは自分が3度目の結婚生活を了承しなければ,アレスデアがこの美しい領地と会社を失ってしまうことが余りに気の毒でこの条件を呑むのでした。しかし自分を信用していないアラスデアと本当の夫婦としての生活だけはどうしても我慢が出来ず,互いに出来るだけ接触を避けるという条件で結婚を了承するのでした。
 奇妙な二人の結婚生活が始まります。途中いくつかのぶつかり合いがあるものの,アラスデアが少しずつ自分に歩み寄ろうとしていることが分かり二人はまるで本物の夫婦のように暮らすようになり,数ヶ月が経ちます。ところがアラスデアの会社で大きな問題が持ち上がり,しばらくその問題にかかり切りになるアラスデア。ところがどんな問題が持ち上がっているのかアラスデアはジーニーに何も語ろうとしません。結局今でも自分を信用してくれないのだと思ったジーニーは,再びアラスデアを避けるようになって行きます。普通の作品であれば,二人の気まずい雰囲気に気付いた周囲の友人たちがどちらかに助言をして問題を解決させようとするのですが,本作の特徴はそれをスコットランドの自然や動物たちにさせていく点です。幼少の頃を過ごし,その後エジンバラで仕事一辺倒で過ごしてきたアレスデアが人間的な感情を取り戻し,ジーニーの本当の優しさに気付き,その幸せを願っていくまでの成長譚が後半,静かにそして確かなテンポで語られていきます。強い風の吹く荒々しいスコットランドの海岸に経つ二人のあたたかい心の交流が素晴らしく語られる傑作です。MB版の表紙のジーニーの飾り気のない,そして意志の強そうなきりっとした美しい笑顔がとても印象的で,素晴らしい表紙です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ナニーの秘密の宝物雨の日の出会い ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます