SSブログ

王と不器用な愛人 [アビー・グリーン]

SHALOCKMEMO1274
王と不器用な愛人 An Heir Fit for a King
( One Night with Consequences 11 ) 2015」
アビー・グリーン 結城玲子





 原題は「王にふさわしい跡取り」
 ヒロイン:レイラ・アマール・ラクシュミ・ヴェルギーズ(?歳)/調香師,「ハウス・オブ・レイラ」経営者/かすかにオリーブ色がかった肌,通った鼻筋,ふっくらした唇,華奢な顎,高い頬骨,黒髪,エメラルド色の瞳,170センチ以上の長身,ベジタリアンだが魚は食べる/
 ヒーロー:アリクサンダ(アリックス)・ソール・アルマリック・サン・クロワ(?歳)/サン・クロワ国国王,実業家/グレーの瞳,浅黒くオリーブ色がかった肌,高い頬骨,官能的な口元,彫りの深い目鼻立ち,太く黒々とした眉,180センチ以上の長身,短く刈り込んだ黒髪/
 本作のヒロインはロマンス作品には余り登場しないインド系の美女でパリのヴァンドーム広場のホテル・リッツの向かい側のビルにある香水店「ハウス・オブ・レイラ」の経営者です。母が若い頃未婚の母となり,自立して生きることを余儀なくされたレイラが母が残した建物で始めた店舗です。店舗の上階のフラットに住み,向かいのホテルの様子が店からもフラットからも見渡せる絶好の場所にあります。ある日ロールスロイスから降り立った男性,それがヒーローのアリックスでした。アリックスはレイラの店にやってきて愛人にふさわしい香水を注文します。母が愛人として実父から捨てられた過去を持つレイラは「愛人」という言葉に敏感に反応してしまい,さりげなくちょっと意地悪な商品を紹介するのですが・・・。そしてロールスロイスから送れて降り立った有名なモデルにも冷たい態度を取ってしまいます。その後店を閉めてフラットからホテルの上階を見ていると,先ほどのアリックスがあのモデルと部屋にいるのが見え,思わず双眼鏡で様子をうかがってしまうのですが,カーテンが閉められ,その後の様子は分からないでしまいます。翌日ホテルから香水を届けて欲しいと注文があり,高級スイートに行ってみると注文主は昨日のアリックスでした。自分にふさわしい香水を注文されたレイラ。この時すでにレイラはアリックスのこれまで出会ったことがないほどの男性的魅力を感じてしまいますが,かつて婚約者に捨てられ,男全般に対する信用を母子二代に渡って失ってきたレイラはその思いを必死で振り切ろうとしますが,しかし自分の体はその決意と反対の方向に反応してしまうのでした。昨晩レイラはアリックスの正体をインターネットで調べ上げ,短期間で次々に相手を取り替えてしまうプレイボーイだという知識を得ていたのですが・・・。アリックスもまた一度見た瞬間からレイラのエキゾチックで男性を虜にしてしまう美しさに惹かれてしまうのでした。アリックスは実はサン・クロワ国の国王,しかも亡命中の国王だったのです。現在は資産運用で資産家となり何不自由なく生活をしていましたが,祖国では今の軍事政権から王政に復活しようとする動きがあり,その国民投票が数週間後に行われようとしていたのでした。現政権にアリックスの復活の動きが読まれてしまうと邪魔をしようとする動きが活発化するため,アリックスは敢えて政権に興味が無く女性を筆禍得取っ替えしている遊び人だと思わせるためにプレイボーイの生活をしていたのでした。祖国には主席補佐官のアンドレス・バルサクを中心に王政復活のための準備が着々と進められていましたが,例のモデルをアリックスがすぐに追い出してしまい,レイラに興味を持ったことを知らされて,アリックスが本気で政権復帰後の王妃捜しをしていることを知るのでした。食事に誘ったり,自分に所有するカリブ海の島で休暇を過ごしたりとレイラを次々に籠絡する手段を繰り出すアリックス。しかしレイラはアリックスが誰にも伝えていない国王としての本当の望みや過去の忌まわしい事件について,なぜか話してしまう上手な聞き手であり,そして王妃にならないかという誘いにも全く興味を示さないのです。このレイラの態度に逆に魅力を感じ,また思いどおりにレイラの気持ちを自分に向けられないことにいらだつのです。アリックスと関係を持つまでまだ経験の無かったレイラですが,かつての婚約者にも深い関係を伸ばし伸ばしにしてきて,始めて自分から進んで身を任せたレイラは,その結果の妊娠にも自分一人で責任を取ろうとします。母と同じ愛人と呼ばれることにはなりたくないと思いつつも,自分の体の中で育つ命を実感したとき,母の気持ちを理解できるようになるのでした。アリックスが補佐官アンドレスと話していた,自分を利用しようとしていたことを立ち聞きしてしまったレイラ。アリックスに怒りの余りアリックスの元を去ろうとしていたのですが,逆に両親揃ったところで子供を育てようという言葉にまたもや負けてしまい。遂には結婚することを承諾してしまうのでした。愛のない便宜的結婚。しかしそれも運命だと諦めかけていたとき,新聞にアリックスとレイラの記事が載ってしまいます。その記事にはレイラの実父であるフランス大統領候補者の名前も,そしてアリックスの王権復帰も,妊娠のことも・・・。父のことを知らせなかったとアリックスは怒るのですが,レイラもまた王権復帰のことを自分に黙っていたことを責めるのでした。二人の別れが決定的になろうとしたとき,アリックスは自分が父と弟を殺された過去のことから人を愛する気持ちを失っていたことに気付くのでした。
 背筋を真っ直ぐに伸ばし堂々と王妃としてパーティに顔を出すレイラには,やはり政治家の娘として血が流れており,周囲の人々も魅了する美しさと暖かさを備えており,ベストヒロインだと思います。MB版の表紙モデルさんはちょっと大人っぽ過ぎて,レイラの雰囲気には合いません。HQ版=邦訳版のモデルさんの方がレイラの上品さや愛らしさを充分に表しているように思います。2014年からのアビー・グリーンの新作邦訳はすべて読んでいますが,本作は作品群の中で群を抜いて完成度が高くロマンス作品としての王道を行く秀作だと思います。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

雨の日の出会い月明かりのタバサ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます