SSブログ

メイドを拾った億万長者 [キャロル・マリネッリ]

SHALOCKMEMO1286
メイドを拾った億万長者 His Sicilian Cinderella
( Playboy's of Sicily 3 ) 2015」
キャロル・マリネッリ 漆原 麗





 原題は「彼のシチリアのシンデレラ」
 ヒロイン:ベラ・ガッティ(23歳)/ホテルのメイド,デザイナー/黒い髪に緑の瞳/
 ヒーロー:マッテオ・サンティーニ(?歳)/実業家/黒い髪,ダークグレーの瞳/
 「涙のエンゲージリング(SHALOCKMEMO1179)」「メイドが愛した億万長者(SHALOCKMEMO1204)」に続く,シリーズ最終巻。イタリアの熱い物語がはじけます。幼なじみで美貌のベラと親友のソフィー,そしてヒーローのマッテオと親友のルカ,この二組の恋人同士のロマンスを描いた秀作です。ルカの父でシチリア西部の町ボルド・デル・チェーロのボス,マルヴォリオが遂に亡くなります。それまでこの街はマルヴォリオによって支配され,ベラの両親もこのボスによって人生を支配されてきました。ボスに逆らうことはすなわち死を意味します。まさに血の誓いによって支配された金と欲と血の関係。そんな生々しい関係の中で翻弄されるベラの人生。優れたデザイン感覚を持ちながらホテルのメイドでしかいられないのは,ベラの父がマルヴォリオの右腕であり,さらに母は身を売るしか生きるすべがないという悲惨な状況にあったからでした。5年前,まだ少年少女だったベラとマッテオは恋人同士になりますが,周囲の人々から蔑まれ,母を捨てることが出来ないベラはマッテオが島から逃れてローマに行こうと誘われたにもかかわらず,マッテオについて行くことは出来ませんでした。それをマッテオは自分がベラに捨てられたと思い込んでしまいます。しかしベラを忘れることは出来ませんでした。今はまっとうな実業家として成功したマッテオに対し,ベラは相変わらずホテルのメイドに甘んじていなければならなかったのです。その母も亡くなり,やっとのことでマルヴォリオが亡くなり,その支配下から逃れることができても,町ではいつも蔑まれた生活を送らざるを得ないベラでした。しかし親友のソフィーとルカの結婚式にベラは自分の才能の限りをつくしてウェディングドレスを縫い上げます。ボスに支配されていた人々がマルヴォリオの死により解放され,ルカとソフィーの結婚式はその最初で最大のイベントとなりました。そしてそこで再燃するマッテオとベラの関係。マッテオの熱い視線,ベラもまた今の自分の状況から逃れるためにマッテオの重荷になりたくないという最後のプライドからマッテオの誘いを断っていくのですが・・・。
 自分のせいでなく,生きるためには究極の選択をせざるを得なかった二人の美しくも儚い愛の軌跡を,熱いシチリアの空気の中で歌い上げた,まるでゴッドファーザーのような作品です。でも,あそこまで凄惨ではないところがロマンス小説らしさでしょうね。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

灼熱の足枷メイドが夢見た9カ月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます