SSブログ

情熱の罠 [リン・グレアム]

SHALOCKMEMO1293
情熱の罠 Prisoner of Passion 1996」
リン・グレアム 有光美穂子




HQSP-117
16.07/¥540/216p

R-1341
97.09/¥672/156p


 原題は「情熱の虜」
 ヒロイン:ベラ・ジェニングス(21歳)/画家/金褐色の髪,長い脚,高いIQだが文字に弱い/
 ヒーロー:リコ・ダ・シルヴァ(32歳)/銀行家/身長190センチ,広い肩,細い腰,引き締まった脚,金色の光彩を放つ黒い目/
 紙本では何度もHQB版を見ていましたが,いまいち表紙が気に入らずに読まずにいましたが,HQSPがKINDLEで出たのを見て購入しました。HQSP版はなんといっても価格が良いですね。それに表紙もちょっと良くなっています。さて,一言で言ってこんなに面白い作品だったのかと脱帽です。とにかく登場人物たちがとても生き生きと描かれており,それぞれがとても個性豊かな,1冊にこんなにも面白い人物をこんなにたくさん登場させてもったいないと思えるほどです。ヒロインのベラ,ヒーローのリコは言うに及ばず,ベラと一緒に住む画家の老人ヘクター,執事のハヴァシャム,ベラの友人リズ,絵に詳しい警視,などなど。そしてベラのボーイフレンドのグリフだけが没個性の真面目弁護士で,逆に周囲とのあまりの違いに,凡庸であるだけに個性が光ってくるという不思議な効果をもたらしています。出来事としては,最初にベラが21歳の誕生日の深夜リコの高級車に車をぶつけてしまうところ,そしてリコとベラが誘拐犯に誘拐され,コンテナに閉じ込められてしまうこと,さらにヘクターの入院,そしてベラの妊娠と次から次に出来事が起こり,読者を飽きさせません。その時その時にベラの取る行動や言葉にリコはきりきり舞いさせられますが,それが逆にベラへの愛を深めていくところがなんとも心地よいのです。そして互いに相手の本当の気持ちに気付かないまま物語終盤まで引っ張るところが作者のしたたかさとベテランの味を感じさせます。既読30冊を数えるグレアム作品ですが,本作はその中でもピカイチ間違いなしの作品です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます