SSブログ

ティアラは似合わない [ジェシカ・ハート]

SHALOCKMEMO1300
ティアラは似合わない Ordinary Girl in a Tiara
(取り替えられた運命 1) 2011」
ジェシカ・ハート 泉 智子





 原題は「ティアラを付けた普通の娘」
 ヒロイン:キャロライン(キャロ)・カートライト(?歳)/保険会社の臨時雇い/どうどうとした体つきにシルクのような手触りのする栗色の髪,白い肌,長めの上唇,青い目,豊かな笑い声/
 ヒーロー:フィリップ・サヴィエ・シャルル・ド・モンヴィヴェネ(30歳)/モンリュースのプリンス/オリーブ色の肌,黒い髪,銀色の目,長身で細身の力強い体/
 SHALOCKMEMO1300号の節目の作品になりました。この節目の作品にベティ・ニールズ,ダイアナ・パーマー,リン・グレアム,ノーラ・ロバーツなどの作品を選ぼうかと考えていましたが,ロイヤルものをが読みたいと思い,本作を取り上げました。
 ヨーロッパ山中の小さな国モンリュース。運命の悪戯で傍系の父が王位を継ぐことになり,さらにその長男が湖で事故死したため皇位継承者の順位が上がってしまったプリンス・フィリップ。そのフィリップの頼みを断り切れずに婚約者の振りをすることになったキャロことキャロライン・カートライトは食べることが大好きでモデル体形とはほど遠く,しかも着る服がいつも奇抜な普通の女の子でした。両親の働くセント・ウルフリーダ学園でも浮いた存在でしたが,唯一の親友がモンリュースのプリンセス,ロッティことシャルロッテでした。ロッティはフィリップとは父親同士が兄弟で,すでにロッティの父親はなくなっていますが,フィリップからの頼み事が出来るのは親友のキャロしかいなかったのです。そうでなければブランシュ皇太后の決定に従って,フィリップといとこ同士の結婚を強制されてしまうところだったからです。キャロの父は学園の技師を,母は教師をしていましたが,キャロは15歳で父を亡くし,20歳で母を亡くし,天涯孤独。現在は保険会社で臨時雇いとしてなんとか生活していますが,恋人のジョージに捨てられ体形を変えようとダイエット中でしたが,なかなかうまくいっているとは言えない状態でした。フィリップが始めてキャロのアパートを訪れたときにも室内は雑然とし,変わった衣装を着ている彼女を見て眉をひそめたのですが,食事をしにいったレストランでキャロの元恋人に焼き餅を焼かせようと手を触れた瞬間二人の間には電流が走ります。それでも名目的に婚約者として国に帰るためには二人のスキンシップが必要だと練習のキスをしたとき二人はそれに夢中になってしまいます。宮殿についてキャロは普通の生活のままに宮殿での暮らしを始めますが,それがフィリップや皇太后にとっては驚くことでした。使用人たちや厨房の人たち,庭師までもキャロの性格と人なつこさに惹かれていきます。また市場で身振り手振りでチーズを買おうとしているキャロに町の人々は親切に応対してくれていますがフィリップが現れたとたん緊張してしまったようです。それでもキャロはそんなフィリップにチーズを食べさせ,手に一杯食料を買って宮殿に戻るのでした。その場面が翌朝の新聞に載り,フィリップは皇太后に呼ばれます。叱責されるかと思いきや皇太后はしばらくキャロを利用して国民の一部から反対されているパイプライン建設の報道から目をそらさせたいと言い出すのでした。パイプライン建設問題は環境破壊の可能性を指摘する声もあり根強い国民の反対の対象になっています。建設を安価に仕上げようとする企業側と風光明媚な自然破壊に繋がるとする国民側との間で意見の食い違いが大きいのでした。官僚からサインを求められたフィリップは,キャロを連れて美しい湖の畔に出かけます。そこをパイプラインが通る予定でした。しばらく考え事をしていたフィリップはそのままキャロを連れて反対派が座り込みをしているところにいき,妥協点を見つけようと話し合いをするのでした。そしてフィリップはパイプラインを地下にとおすことを条件にして計画を見直させることに同意するのです。ヨーロッパ中の新聞がこれを好意的にかき立て,「小国のプリンスが大企業に勝った」と持ち上げたのでした。その結果モンリュースへの観光客が爆発的に増え,観光業も潤うようになったのはフィリップの決断によるものでしたが,フィリップはそれをキャロの成果だと考えるようになっていました。父皇太子の計画を変更させたことで,父も皇太后もフィリップを叱責しましたが結果オーライになったのでした。そして皇太后は宮殿で開かれる盛大な舞踏会をフィリップとキャロに任せると言いだしたのです。二人とも舞踏会の仕切りなどをしたことがなかったのですが,協力して計画を仕上げ,無事大役を果たすことが出来ます。いよいよ宮殿に留まる理由がなくなったキャロは,皆に見送られながら帰国してしまいます。初めからの計画よりずいぶんと長く,また思った以上の思い出が詰まった宮殿をあとにし,キャロは帰国してから,少しずつ新たな生活を築き上げようとします。そして出会い系サイトに新たなメンバーが登場し,キャロは該当者と会うことにするのですが,待ち合わせ場所に現れたのはなんと・・・。
 連作で次作にはロッティがヒロインになります。キャロの飾らない性格,誰にも愛されるようになる行動が真のプリンセスとしてのキャロを開花させていく成長譚で,読者も惹かれること間違いなしのNiceHeroineです。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

契約関係さよならは言わないで ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます