SSブログ

炎と燃えた夏 [ミランダ・リー]

SHALOCKMEMO1314
炎と燃えた夏 The Millionaire's Mistress
( Passion 3 ) 1998」
ミランダ・リー 小長光弘美




HQB-749
16.08/¥670/224p

I-1277
99.09/¥641/156p


 原題は「富豪の愛人」
 ヒロイン:ジャスティン(ジャシー)・モンゴメリ(21歳)/大学生/褐色が駆った長いブロンド,青く輝く瞳,笑いのこぼれる魅力的な口元/
 ヒーロー:マーカス・オズボーン(30代半ば)/銀行頭取/ハンサム,彫りの深い顔,官能的な唇,黒い瞳/
 「没落した富裕な家庭の我が儘娘の自立の物語」
 「君が部屋を歩けば,周囲にさっと温もりが広がる。一気に明るくなる。君には人の心を引きつける魅力的なオーラが備わっているんだ。君は生命そのものだ」とマーカス・オズボーンに言わしめたヒロイン,ジャスティンの成長譚です。不適切な取引条件で融資を行っていた部下職員をクビにし,代わりに融資交渉に当たった銀行頭取のマーカスですが,自ら交渉に臨もうとしたのは,交渉相手を別のパーティで見たとたん愛人にしたいと思ったからでした。妻から手ひどく裏切られ,もう結婚はこりごりだと思って仕事一筋に生きていたマーカスですが,たった一年でジャスティンに惹かれてしまうとは,なんと節操のない男性でしょうか。それにしてもゴージャスで明るいジャスティンの非常識な融資申込にOKを出さざるを得なくなるほど妄想が広がってしまったのですから仕方ありません。大学1年をもう三年も続けているジャスティン。これまではちょっと自分の魅力を振りまくと男性が何でも言うことを聞いてくれるようになっていた経験から,本当に自分のキャリアを作り上げていかなければならないと考え直すきっかけになったのは父の死でした。しかも50万ドルもの借金を抱え,ひたすら悲運を嘆いてばかりいるお嬢様育ちの母の面倒を見ながら,自分が生活をなんとかしなければという思いがその決意を促したのです。ところが,友人といえばいつも男性のことしか頭にない自称美女のトゥルーディだけ。これがまた,いつもジャスティンに余計な知恵を付けてしまうのですから,ジャスティンもかわいそうです。しかし,時に友人のアドバイスを自分の意志で断り,結えなく自分に大金を投じようとしているマーカスに,仕事をした分だけ給与を払ってくれればいい,ただそのチャンスだけは欲しいと言い切るかっこよさに,ジャスティンの決意のほどがうかがえます。愛人として生きた方が楽なはずですが,あえて厳しい道を歩こうとするジャスティンに,マーカスはこれまでのジャスティンへの見方を見直さざるを得なくなるのです。「急がば回れ」とはこのことを指す言葉なのでしょうね。そして自分を身売りすることなく,マーカスへの愛を貫いていく生き方も,そしてオーストラリア独特の自然火災で家を失ったショックにも負けないたくましさを発揮していく姿にも読者は感動を覚えます。その熱い生き方には一回り以上の年齢差などは何の障害にはなりません。まさしくシリーズタイトルの「Passion」にふさわしいヒロイン,ジャスティンの物語です。
 タイトルの「炎と燃えた」は恋心だけでなく,家までも・・・。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます