SSブログ

仮面の情事(罪をあがなう億万長者 1) [キャサリン・マン]

SHALOCKMEMO748
仮面の情事 (罪をあがなう億万長者 1) An Incovenient Affair 2012」
キャサリン・マン 皆川 孝子





ミニシリーズ「罪をあがなう億万長者」三部作の第1巻。10代で違法すれすれの犯罪を犯してしまい,サルヴァトール大佐が校長を務めるミリタリースクールで集団生活をした特別な才能を持つ三人の若者が,大佐の指示によりインターポールの仕事をするようになり,その中で生涯の伴侶を見つけていくロマンスです。本作は,コンピューターオタクで,どんなセキュリティも楽々侵入してしまう才能を持った天才,トロイ・ドノヴァンと犯罪者を告発するための目撃者としてインターポールに協力するイベント:プランナー,ヒラリー・ライトのロマンスです。トロイがヒラリーに近づき,役目を無事終えるようにとった思い切った行動。それは,すでにゲーム製作会社の経営者として世界中に知られている自分を,オークションに自分と週末を過ごす権利を出品する,というものでした。仕組まれたオークションでヒラリーはトロイを競り落とし,役目を果たすためにパーティに出席するとともに,トロイと週末を過ごすことになります。幸い,監視カメラに問題の男が映っており,早々にヒラリーの役目は終わるのですが,せっかくの機会だからと説得され,ヒラリーはトロイの自家用ジェットでヨーロッパ経由で中米のトロイの別荘で夢のような1週間を過ごすことになります。今では億万長者となったトロイですが,親との不仲やコミュニケーション能力に課題があることなどで孤独な少年時代を送った経緯があり,また,ヒラリーもアルコール依存症の母親を抱えて姉と辛い幼少時代を送った経験を持っています。別荘で過ごすうちに互いの心の傷を知り,二人は魂の深みで理解し合えるようになります。やがて,ヒラリーが証言した男が捕まり,安全が確認されたという情報が入りますが,ヒラリーと別れがたくなったトロイはその事をヒラリーに伝えることを躊躇してしまい,更に数日別荘で過ごそうとするのですが,しかし,ヒラリーにその事を知られてしまい,ヒラリーはトロイに裏切られたと思い,トロイの元を去るのですが・・・。
三部作の幕開けはコンピュータオタクのトロイがヒーローとなります。しかし,すでに本作で後の2作でヒーローとなるコンラッド,マルコムの二人も登場します。コンラッドはカジノのホテルのオーナーで,トロイとヒラリーがそのホテルに泊まります。またマルコムはミュージシャンとして,コンサートを開くためにカジノにやってきています。それぞれのロマンスの相手は本作では登場しませんが,シリーズへの興味を惹くためには魅力的なサイドストーリーだと思います。
互いの不幸な幼少時代を理解し合える相手としてトロイとヒラリーの関係はとても深い結びつきで,次作以降も二人の関係の発展の様子が描かれればいいなと思わせます。3部の長編として大きなまとまりのあるシリーズのようです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます