SSブログ

薄幸のシンデレラ [レベッカ・ウィンターズ]

SHALOCKMEMO1282
薄幸のシンデレラ A Wedding for the Greek Tycoon
(ギリシアの花嫁 2) 2015」
レベッカ・ウィンターズ 小池 桂





 原題は「ギリシア富豪のための婚礼」
 ヒロイン:ゾーイ・ザコス(24-25歳)/病気療養中の大学生/慎重170センチ弱,ブロンドの髪,グリーンの目/
 ヒーロー:ヴァッソ・ジアノポウロス(30歳)/実業家/漆黒の目/
 ニューヨーク8月9日から物語は始まります。最後は10月16日ギリシア,パクソス島ですからほぼ2カ月間の物語。ガン闘病中のギリシア系アメリカ人のゾーイは医師から退院の許可を得ますが,6カ月後の再発可能性は捨てきれません。いわば時限爆弾を抱えているようなもの。両親を火災で亡くし,ボーイフレンドも病気を知って去ってしまいました。その後2年間,闘病とカウンセリングに明け暮れてきましたが,とりあえず精神的にも身体的にも健康を取り戻し,膨大な治療費を出してくれたジアノポウロス基金に少しでもお返ししたいと,基金での仕事をしたい希望を強く持ったのでした。昔から世話になっている神父に仲立ちをとってもらい,たまたまニューヨークにやって来た基金の主ヴァッソ・ジアノポウロスに直接面接をしてもらうことになります。ヴァッソはゾーイの困難な過去のことを聞き,本人に会ってみると是非守ってあげたいという気持ちになります。それからすぐにギリシアのパクソス島の療養所でちょうどアシスタントが不足していることに気付き,パクソス島にゾーイを伴います。アテネの本社に立ち寄り,ヘリでパクソス島へ。事務長のヤニスはすっかりゾーイを気に入り,療養中の患者の生活の改善のための企画を次々に出すゾーイを重宝しています。ヴァッソはその様子を見てすっかりゾーイとの関係を接近させようとしますが,ゾーイはヴァッソを意識的に避けようとするのでした。互いに惹かれている様子は隠せないもののゾーイの行動を不審に思ったヴァッソですが,なかなか本音を話してくれません。ついに結婚を申し込むヴァッソですが,ゾーイは即刻断ります。傷ついたヴァッソは少し時間をおいたほうがいいとアテネでの仕事に集中し週末にゾーイに会おうとパクソス島へ戻りますが,なんとゾーイは火曜日には辞表を出してニューヨークに帰ってしまったというのです。9月23日ニューヨークで検査を受けたゾーイは医師から再発の怖れはなく,10年生存率は71パーセントというお墨付きをもらい,ヴァッソの申し出をもう一度考え直すのでした。
 前作「ガラスの靴のゆくえ(a href"http://romanceindanger.blog.so-net.ne.jp/2016-04-30"SHALOCKMEMO1235)」で登場するアキスとレイナ夫妻も幸せな様子を見せ,ヴァッソ,ゾーイの二人を応援します。ギリシア系の人たちの家族に対する強い思いが随所に出てくる温かく,そしてゾーイの表裏のない思いやりの深さと実行力のある行動が爽やかで,とても読後感の良いイチオシ作品です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

大富豪の父親適性テスト御曹子の恋 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます