SSブログ

思い出の中の結婚 [キャサリン・スペンサー]

SHALOCKMEMO1363
思い出の中の結婚 A Costanzo Baby Secret
( Claiming His Love-Child 1 ) 2009」
キャサリン・スペンサー 鈴木けい





 原題は「コスタンツォの赤ちゃんの秘密」
 ヒロイン:メイブ・コスタンツォ(28歳)/記憶を失った妻/脚が長く歯並びのいい澄んだブルーの瞳,身長175センチで均整の取れた体,ブロンドの髪,カナダのバンクーバー出身/
 ヒーロー:ダリオ・ガブリエル・コスタンツォ(?歳)/大企業「コスタンツォ・インダストリ・デル・リコルソ・インターナショナリ(リゾート開発会社)」上級副社長/身長188センチ,がっしりした体,ブロンズ色に焼けた肌,豊かな黒い髪/
 好きな記憶喪失ものということで手にしました。交通事故で逆行性記憶喪失となり事故から1カ月後の9月4日に意識を回復したメイブ。 脳科学辞典によると「逆行性健忘 (retrograde amnesia) とは、発症以前の、過去の出来事に関する記憶を思い出すことの障害である。ここでいう出来事とは本人の生活史上の経験であっても、本人が生活してきた時代における社会的な事実であってもよい。すなわち、発症以前に本人が経験し、覚えているはずの出来事を思い出すことができない状態である。しかしながら、どの程度の期間の逆行性健忘があるかの評価は必ずしも容易ではない。というのも、その個人の過去の記憶を正確に証明することは困難であり、世俗的な事象を対象に過去の記憶を確認しようとしても、個人の関心の度合いが異なるためである。」とあります。いまはネットでいろいろと調べることができて便利になりましたね。でも記事の信頼性は保証の限りではありませんから,まぁそんなものかという程度の認識で本作を読む分には十分ではないでしょうか。ヒロインのメイブを診察していた医師は夫のダリオに対して「忘れていることを無理に思い出させようとしてはいけない」「子供がいる事実も明らかにするべきではない」「夫とは言え今は他人同然の存在なので夫婦生活も控えて欲しい」などと助言するのです。この対応が本人にとって良い方向に向かうのかどうかもわかりませんが,医師は平均的,一般的,つまり過去の事例から類推して診断や助言をするだけですから個別のものに対してどこまで正しいかということはわからないものだと思います。ですから医師の診断や助言を鵜呑みにして対応してしまうと間違うことだってあるのだろうと言えます。まだまだ脳科学では解き明かされていないことの方が多いのですから。作者はそのことをうまく利用してストーリーを作り上げるわけですから,少なくとも上記のような一般的な記憶喪失(障害というべきだと思いますが)の定義については当然調べていて,その曖昧さや個別的な部分に焦点をあてることでフィクションを作り上げていくのだろうと思います。読者としてはそのことにうまく騙されたふりをして読み進めないと,楽しんで読むことができなくなるわけですので,SFやファンタジーを読むときと同様にまぁこんなものだろうと思ったほうがいいわけです。
 さて,ヒロイン,メイブが事故を起こしたきっかけは,イタリアの島パンテレリアから,子供を連れて本土に渡ろうと連絡船に乗るために車で出かけたところ,運転していた男性フランス系カナダ人イブ・ゴーシエが急に意識混濁し海に落ちてしまったという大事故でした。しかしメイブはこの間の事情はすっかり記憶を失っているのです。病院に現れた夫のダリオも,退院したのちに帰った邸宅にも記憶を呼び覚ますものはありません。いつ記憶を取り戻すのかが作品の中心の謎ですが,本作では記憶障害の原因は愛息セバスティアーノを事故で失ってしまったとメイブが思い込んでいたことによるものだという事実が後半まで明かされません。(ちょっとネタバレかも知れません)。当時夫婦の間に吹きすさんでいた離婚の危機が,これに拍車をかけていくのです。そして記憶にない男性が夫であり,その男性に寄りかかるととても安心できるという本能的なメイブの心が,夫婦間の本来の愛情を再び築き上げていこうという意欲に繋がることでロマンスとしての筋が一本通る設定になっています。イタリアの名家であるコスタンツォ家に入った嫁メイブに対して冷たく接して来るダリオの母セレステ。唯一味方になってくれるのはダリオの妹夫妻クリスティーナとロレンツォ。これでもかと言うほど優しくしてくれる夫が,実は内面では事故当時メイブの乗った車を運転していた男性とメイブとの不倫の相手に違いないと思い込み,今一つ妻を信用し切れていないというアイロニー。そんな二人の心の置き所と周囲の人々との関係を中心にストーリーが展開していきます。なかなかよくできた設定だと思います。「地中海の黒真珠」と呼ばれ,水平線上にアフリカが見えるほど南に位置する島パンテレリア(シチリア島の南西100キロ,チュニジアから80キロ)と,ミラノのダリオのペントハウス,そして二人が出会ったポルトフィーノが舞台の中心になります。また二人が静養に出かけたチュニスの町中の様子など,細部もしっかりと描かれ,丁寧な作品だと思います。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます