SSブログ

サルヴァトーレの孤独 [シャンテル・ショー]

SHALOCKMEMO770
サルヴァトーレの孤独 Secrets of a Powerful Man 2013」
シャンテル・ショー 山科みずき





「Salvatore Castallano」このシチリアのワイナリーの経営者で大富豪のサルヴァトーレには,幼く,しかも聴覚障害の娘がいた。「シチリア大富豪の忘れ形見」のスピンオフの本作では,セルジオの兄のサルヴァトーレがヒーローです。娘の聴覚障害の治療のため,サルヴァトーレはロンドンで最高の聴覚治療士のダーシー・リヴァースを説得し,シチリア島に帰郷します。ダーシーは夫に裏切られ,離婚の傷が癒えないまま,休暇を取ってフランスへ旅行しようとしているところでした。9月までの期間限定で同行することを説得されたダーシー。9月にはダーシーの父の脚本による演劇で主演を務めることを約束させられていたからです。実はダーシーの一家はハート一家として一族が皆俳優/女優として世界的に有名な一族ですが,ダーシーだけが別な職業に就いていたのです。リーヴァースという姓からして,サヴヴァトーレがこのことに気づくことはこの時点では想定していませんでした。これが後々二人の関係に影響を及ぼします。
シチリア島で,娘のロージーの治療が始まりますが,その間もサルヴァトーレとダーシーが共に惹かれ合っていくのは防ぐことができませんでした。しかし,サルヴァトーレもまた妻を死に至らしめた交通事故に自分が責任を負っていて,しかもその時の記憶がすっかり抜け落ちているという心の病を抱えていました。脚の怪我も十分には回復していません。しかしその傷を差し引いても,サルヴァトーレの魅力は全く落ちておらず,ダーシーは期間限定であることや夫に裏切られたことを苦に病み,その魅力を認めないようにしようと苦労するのでした。二人の心の傷は次第に歩み寄ることで溶けていき,やがてサルヴァトーレもダーシーへの深い愛に気づいていくのです。それが決定的になったのは嵐により停電になった時でした。二人は互いの傷すらも魅力に思えるほど深く愛し合っていくのです。そして同時にサルヴァトーレの記憶も回復し・・・。しかし,自分を陥れた義母と証言者により真実を知った時のサルヴァトーレの怒りに,それほど妻を愛していたのかと勘違いしたダーシーはシチリアを後にし,ロンドンに帰っていくのでした。父の脚本による劇の初日が終わり,劇場にサルヴァトーレが訪れなかったと思って一人泣いているダーシーに声を掛けたのは・・・。
地中海の豊かな自然と二人の激情が交錯するロマンス度の高い良作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

氷の富豪の愛人教育異国の薔薇 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます