SSブログ

恋するキャロライン [アン・メイザー]

SHALOCKMEMO692
恋するキャロライン Caronine 1965」
アン・メイザー 秋庭葉瑠





アン・メイザーのデビュー作。1965年(昭和40年)上梓といいますから,その年生まれた人は今年でもう48歳。ヒロインとルームメイトの暮らすフラットに電話がなく,大家さんのところの呼び出し電話(これはもはや知っている人の方が少ないと思うが)のみであることや,男女関係に対する感覚に古めかしい点があるものの,世慣れた大人に憧れるファザコン的なヒロイン(17歳)のヒーローに憧れる気持ちがよく表現されており,その後の多作家アン・メイザーのデビュー作としては,なかなかの1作と言えそう。ヒーローで,ヒロインの会社の社長であるアダム・スタインベックと,前妻の息子であるジョンの両方を相手に,自分の気持ちに正直に生きようとするキャロライン・リンゼイの直向きさが,とてもさわやかな作品で,世間知らずな少女であるものの,少しずつ成長していきながら,本物の愛を貫き通そうとする真剣さは,逆に現代の乙女たちが失ったものであるかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます