SSブログ

秘密の小さな姫君 [ミシェル・コンダー]

SHALOCKMEMO1206
秘密の小さな姫君 Prince Nadir's Secret Heir
( One Night With Consequences 8 ) 2015」
ミシェル・コンダー 佐倉小春





 原題は「ナディール王子の秘密の相続人」
 ヒロイン:イモジェン・リード・ベンソン/オーストラリア人,ムーラン・ルージュのダンサーからカフェの店員/小麦色の髪と刈りたての夏の芝生と同じ色の瞳,長身/生後五ヶ月の娘ナディーナの母
 ヒーロー:ナディール・ザマン・アル=ダーカン/バカーンの皇太子/長めの黒髪,オリーブ色の肌,ブルーグレーの瞳
 パリ,ムーラン・ルージュ,一世を風靡するこのエンターテインメント施設でダンサーとして働くイモジェン。王家の異母兄弟ナディールとザキムはパリの思い出にとこの店にやってきますが,踊り手たちの一人イモジェンと目が合ったのはナディールの方でした。二人はたちまち恋に落ち,イモジェンは妊娠しますが,それをナディールに告げると冷たい言葉が返って来て,その後ナディールは出張と称してパリを離れてしまいます。イモジェンは7カ月後娘を出産しますが,5カ月の娘を抱え,親友カロの兄ミンのフラットに身を落ち着け,カフェの店員として働いていました。そこに,ナディールが現れます。君を捨てたのではなく,自分の元を去られてしまったというナディールに反発を覚えながらも,娘ナディーナと一緒に車に乗せられ,あれよあれよという間にナディールの国バカーンへとフライトすることになってしまいます。二人の言い争いもナディーナの目の前では子供の成長の妨げになると思い極力避けていますが,二人になるとすぐに言い合いになってしまうのでした。ナディールはバカーンの王位継承を断るつもりでやってきたのですが,異母弟のザキムが地方出張のまま連絡が取れなくなり,王宮での会議に参加しなければならなくなったナディール。そして周囲の人々はイモジェンとナディーナをナディールの妻と娘と認識しているようなのです。ナディールが幸福な幼少時代を送ってきたわけではないことや母と双子の妹を交通事故で亡くし,その原因が自分であると考えていることなどを知ったことや,娘の父としてのナディールが精一杯のことをしていることに心を打たれたイモジェンは,自分がもはやナディールを心から愛し,「この人のためなら何でも出来る。」と思うようになります。一方ナディールは自分がむりやりイモジェンを国に連れ帰ってしまったことに気付き,自分の父がかつて母にしたのと同じ行為だったと自分を責め,イモジェンを解放しようと決意するのでした。このすれ違いが二人の関係をどう変化させていくのでしょうか。
 1年2カ月もの間ひたすらイモジェンを探し続け,ナディーナを突きつけられた動揺,そして捨てられたと思っていたイモジェンに今でも惹かれ続けていることを認めたくないプライドとの間で苦しむナディールの苦悩が読者を惹きつけます。王位継承権ともからみ,またイモジェンにはミンという男友達がいるのではないかと勘違いしたりと,右往左往するのですが,ナディールの周囲の人たちは一目でナディールがイモジェンに惹かれていることを見抜くのですね。そして温かい目で3人の親子を見守っていくところが,とても温かくてほんのりする作品です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます