SSブログ

屋根裏の聖母 [シャロン・ケンドリック]

SHALOCKMEMO1270
屋根裏の聖母 Claimed for Makarov's Baby
( Bond of Billionaires 1 ) 2015」
シャロン・ケンドリック 中村美穂





 原題は「マカロフの赤ちゃんのための要求」
 ヒロイン:エリン・ターナー(?歳)/元秘書,カフェの店員/緑色の目,茶色の髪,ホッソリとした体/
 ヒーロー:ディミトリ・マカロフ(36歳)/実業家,ロシアの新興財閥/金色の髪,ファベルジュと盆栽を収集,彫りが深く威厳のあるロシア系の顔立ち/
 左のMB版とHQ版を比較するとこれは,もう明らかにHQ版の勝ちですね。ヒーロー,ヒロインのイメージがMB版ではすっかり損なわれてしまっています。シャロン・ケンドリック作品は「シンデレラは似合わない(SHALOCKMEMO1187)」で,ロキシーというとても魅力的なヒロインを読みましたですが,もうあれから三カ月も経っていたのですね。さて,本作は連作「Bond of Billionaires」の第1作。次作「The Sheikh's Christmas Conquest(2015)」のヒーロー,ジャズタランの国王,サラディン・アル・メクタラも本作に登場します。
 ヒロイン,エリン・ターナーはかつて新興財閥(オリガルヒ)ディミトリ・マカロフの秘書として働いていた時期がありました,ディミトリの仕事中毒,そして無軌道な私生活について行けずに,辞職したのですが,もっともそのきっかけになったのは出張から帰国したはずなのに連絡が取れなくなったディミトリを心配して家に行ってみると,見知らぬ美女がいるのに驚きます。女性を追い出したディミトリはエリンを求め,秘書とボスの関係を超える関係を持ってしまいます。秘書としてこれ以上やっていけないと,エリンは辞職を願い出るのですが,アッサリとうなずかれてしまったのでした。数年後,エリンは妹と二人で小さなカフェを経営し,カフェの上階の屋根部屋で,ディミトリとの子レオと二人暮らしをしてきたのでした。そして,カフェの経営を安定させ,レオの将来の生活資金を確保するため,同性愛者のシコと偽装結婚をしようとしていたところに,ディミトリが現れたのです。いずれレオの存在は知られてしまうかもしれないと覚悟していたエリンですが,レオを隠していたことを非難され,レオに会わせろと要求するディミトリに,レオが混乱しないように少し時間が欲しいと必至に頼み込むエリン。富豪である自分に経済的援助を求めず,独力で息子を育てようとするエリンを,ディミトリは敬意を感じたのでした。エリンの居場所をディミトリに教えたのは妹のタラでした。レオが次第に大きくなり父親の存在を知りたがる時期がやがて来ることを心配したタラが,エリンとディミトリの関係修復を願ってしたことなので,エリンはタラを責めることが出来ませんでしたが,やはりレオに突然ディミトリに会わせパパだよと教えることは絶対に避けたいことでした。レオは丁度その時間幼稚園に行っている時間で,ディミトリとエリンがリムジンで待っていると,レオが幸せそうにカフェに帰っていく姿を目にし,レオの将来についてあれこれと思いを巡らせるディミトリでした。二人はそのままディミトリの契約相手である中東の国王に会うため,エリンを秘書として連れて行くことになります。この中東の国王が次作のヒーロー,サラディン・アル・メクタラです。やむを得ずディミトリに従って行かざるを得ないエリン。そして彼の国で,乗馬の名手であるサラディンの挑戦を受けて乗馬勝負に挑むディミトリを,危険を承知で仕事にのめり込む昔の姿を見たエリンは怪我のないことを祈るばかりでした。しかし案の定,サラディンの馬が突然前足を挙げたときに助けようとしたディミトリが全身打撲を負ってしまいエリンの心配は的中するのでした。君が去って以来自分は変わったというディミトリですが,エリンは言葉とは裏腹にディミトリの本来の姿は変わっていないのではないかとディミトリを信用することは出来ませんでした。このことがきっかけで契約はうまくいき,帰国後,遂にレオとディミトリは対面を果たします。これほど優しくなれるかと思えるほどディミトリはレオに優しく接し二人は意気投合してしまいます。この姿に多少の嫉妬を交えながらもエリンはレオの将来についてディミトリと交渉しようと決意するのでした。そしてディミトリの古里ロシアへの休暇旅行。そしてエリンはディミトリがなぜこれほどまでに仕事にのめり込み,永続的な関係を結ぼうとしないのか問い詰めていきます。やはり両親の虚飾の結婚生活がその背景にあることが分かり,エリンは少しディミトリを理解できたような気がするのでした。さて二人の関係はどうなるのでしょうか。そしてレオの将来は・・・。
 自分の生活を含め,秘書以上の思いをディミトリに捧げてくれるエリンの気持ちが次第にディミトリの生活や人生観を変えていくことが克明に描かれた秀作です。そして息子を愛し,ディミトリにタイしても影響力を与えていくまさに聖母のような存在,そんなエリンの姿が素敵です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます